菓子博&『ビジュー』

昨日11日まで、我街姫路で『菓子博』っていうのが開催されておりました。
『菓子博』って「全国菓子大博覧会」、4年に1回各地を回って開催されてるらしい(^_^;)しらんかった~
期間前からお城周辺をぐるーっと金網で囲んで、アチコチにでっかいテントをたてまくってるもんだから、
普段はどこから観ても、その時々に絵になるお城の景観が・・・台無し。
しかも混んでる~ (ーー;)
でも、まぁ、タダ券いただいたので、とりあえず行っとこかと、出かけました、小学校の創立記念日に。
平日だったので、まだ、混雑度もましかなと思ったのですが、目玉の工芸菓子を展示しているところは2時間待ち。
で、「もう、ええかぁ」とあっさり諦めモードの娘と私。

私の方は、もう一つ、目的が。
会場内で上演されている『SWEET DROPS ~あるパティシェの物語』というレビュー(?)を観ること。
実は前から、この「歌劇☆ビジュー」というのに少し興味がありまして、でも、なかなか観にいく機会がなく、菓子博で公演があると知ってチャーンス!と思っていたのです。
興味を持ったきっかけは、というと、昨年の『時空』
『時空』に出演されていた元OSKの皆さんのことをググッておりますうちに、何人かの方がこの「ビジュー」という劇団(?)の公演に参加しておられるということを知りました。
『ビジュー』のHPを見て私がわかるのは、1公演6人くらいのとても少ない人数で、歌も踊りもお芝居もやるみたい。
固定した劇団員がいらっしゃるわけではなく、公演毎にユニットを組んでやってるみたい。
元OSKの『那月峻』さんを中心にした劇団で、「男役」「女役」がある演劇らしい。
・・・程度の知識でした。
興味を持ったのは、やはり「男役」
元OSK、つまりOSKという劇団を離れられた方が、どういう形で、どういう方向で「男役」というものを続けておられるのか、魅せておられるのかということに興味をもったわけです。
会場はわずか100席足らずの小さな空間、舞台と客席は手が届くほど近く、勿論ナマオケもありません。
出演者は五人。
お話は、パティシエ修行中の透が、パティシエをめざして共に頑張ってきた友に裏切られ(たと思って)、自暴自棄になっているところに、お菓子の妖精がやってきて、ただ純粋にお菓子のことだけを考えていた頃のトヲル(過去の透)の姿をみせる。そして、時間は阪神大震災の日に・・。材料もままならない中、ただみんなを笑顔にしたい、その一心でお菓子を作って配ってまわったその時のことがよみがえり、また、小さい頃、母が透の笑顔を見たくて誕生日にケーキを一生懸命作ってくれたことを思い出し、透は再び、お菓子でみんなを笑顔にしたいという、自分の「夢」の原点立ち返り、夢を追う決意を・・・。裏切ったと思っていた友は、実は、透のために二人で考えたお菓子を、透一人の名前でコンクールに出品しようとしていたのだ
というようなSTORYが、ほとんど、透のモノローグと、トオルとマコ(透の彼女)の会話に、歌、途中にダンスシーンも交えて展開。
「男役」というと、ある意味、美しくデフォルメされた男性像というような固定概念(?)があるが、そこに存在していたのは、ただ普通の人間、透&トオルであったかなと思います。観ているあいだ、その佇まいに「男役」を意識しなかったし、ただ、透という人の心情を感じていたかなと思います。
途中のダンスシーンは流石に「男役」だったかな・・・(^.^)
1時間のお芝居(ミュージカル)でしたが、よい仕上がりだとおもいました。
この公演、それぞれの役がトリプルキャストになっていて、組合せで何通りものパターンがあったようです。
私の観せていただいたのは、透【安希つかささん】、トヲル【波輝一夢さん】
安希さんは心に沁みる歌声が印象に残り、波輝さんは笑顔が素敵でした。
友麻亜里さんもみてみたかったなー。

この公演を観た後は、なんと2時間待ちの工芸菓子の展示場に並ばずに入れるという嬉しいオマケつき。
おかげで諦めていた素晴らしい細工菓子の数々も見ることができてラッキー、一見の価値ありでしたわ (^^)v

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • chacha

    お久し振りです~>seiyaさま
    コメント&Tbありがとうございます!
    安希さんの「透」、静かなやさしさが伝わってきました。この公演みて、私、泣いたんですよ、元来涙もろいんですけど(#^.^#)
    震災直後の、多くの人の優しさと一生懸命さを思い出させてくれました。そして、あの時に比べたら全てが足りている今、自分も含め見失っているものがあるのかもしれないなぁ・・なんて、そんなことを考えたのでした。
    2008年05月20日 01:26
  • seiya

    お久しぶりです。覚えておいででしょうか?
    私も見に行ったんですよ。「SWEET DROPS」。
    安希さんの透は見られなかったのですが、那月さんと友麻さんのは見られました。
    トラックバックさせていただきます。
    あ、「ビジュー」は夏にも公演があるみたいですよ。
    2008年05月19日 22:06
  • chacha

    そうですね、公演パンフに植田センセがコメント載せておられましたよ。大劇場に公演チラシは置いてあったのかな??休日は1日5回公演してたみたい(スゴッ)
    2008年05月16日 00:25
  • nekuneku

    姫路城の菓子博行ってきたのですね。
    こちらのニュースでも話題でした。
    レビューもあったんですか・・・そちらの話題は初めてです。
    もっと宣伝されたらいいのにね。
    2008年05月15日 05:17

この記事へのトラックバック

Sweet Drops―あるパティシエの物語―
Excerpt: 2008・4・18~5・11 歌劇★ビジュー公演 Sweet Drops―あるパティシエの物語― 兵庫県立歴史博物館(菓子博テーマ館)内 B1Fホール
Weblog: ミュージカル・歌劇 観劇日記
Tracked: 2008-05-19 22:07