け・さら 〜 け・さら

アクセスカウンタ

zoom RSS 榛名由梨 汀夏子 二人のメモリーV(2) 宝塚の曲

<<   作成日時 : 2014/08/13 21:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回宝塚の曲から選曲されていたのは、

オープニングの

♪愛の歌  (皇帝と魔女 1962年 白井鐡造作)



汀夏子さまが選ばれたのが

♪炎の妖精  (去りゆきし君がために 1980年 植田紳爾作)

♪タヒチの歌 (南の哀愁 1947年初演 内海重典作)  

♪夜霧のモンマルトル (ウィウィパリ1960年 高木史朗作)


榛名由梨さまが選ばれたのが

♪君はマグノリアの花の如く (風と共に去りぬ 1977年 植田紳爾作)

♪ブギウギパリ (センチメンタル・ヂャァニー 1947年 ? )

♪戦争と平和 (戦争と平和 1988年 植田紳爾作)



フィナーレ

♪幸せを売る男


アンコール曲
 
♪筏流し (日本民謡集 1940年 水田茂)




宝塚百周年を意識されての選曲だったかなと思います。

おふたりのサヨナラ公演の曲も1曲ずつ。



私は、ジュンコさんが古い宝塚の歌を歌ってくださるのが大好きなのです。

このブログでは何度も書いているのですが、

歌詞が文語体の歌フェチ(汀様限定でございます)


なんかですねー、独特の雰囲気がでるんですよね。

ノスタルジックかつノーブル感が普通より少し増す感じが好きでね・・・

ぜーんぶ素敵でしたが (ふぁんですからぁ〜(*^_^*))


やっぱり、おふたりで歌われた 

♪筏流し

1番をジュンコさん、2番をショーちゃんが歌われました。


ジュンコさんは、汀節! あのこぶし回しが素敵なんですよね。

粋でしたね〜。

アンコールなので、黒燕尾で歌われたので、

色気が増してまた素敵なんだ、コレが



ショーちゃんが、この曲の紹介をされる時に、

越路吹雪さんが歌われた歌で

外部の歌手の方も歌いたがる名曲

男役スターの登竜門的な歌で、出世のバロメーター

上級生の後ろで何人かで歌えるようになり、

ソロで歌えるようになり。


ところがジュンコさんは、「歌ったことなかったわ」と。


ショーちゃんが、この歌は、蓑つけて、パッチはいて歌うから、

ジュンコちゃんには合わなかったんちがう、私にははぴったりやった

みたいなこと仰ってて(笑)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
榛名由梨 汀夏子 二人のメモリーV(2) 宝塚の曲 け・さら 〜 け・さら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる