け・さら 〜 け・さら

アクセスカウンタ

zoom RSS 汀夏子さま@こだわりSELECTION 『黒燕尾』スカイステージ

<<   作成日時 : 2012/10/29 00:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 17

この前、リクエストしたよーって記事書いたのですが

http://chesara.at.webry.info/201208/article_1.html

今、放送されてまーす。


やったぞ!

「去りゆきし君がために」のあのシーン

入ってました!!

リクエストしてくださったみなさま、ありがとうございます 

そして、スカイステージ編集さま、感謝〜

さらに、NHKの舞台映像じゃないのを選んでくれて感謝〜


30分の番組で、10作品からの映像がPICK UPされていました。

余計な解説もなく、次々と映像流す構成で、

30分で10作品だから、結構その場面をじっくりみせてくれてるのが嬉しい。

いつも、こんなかんじなんでしょうかね(あまり見てないからよくわからない(^_^;)
前に見た時は、もっといっぱいの作品次々に流してたような印象あったけど・・・

どんな作品があったのか、一応書いておきますと

2001 月組 「ESP!」    大階段 群舞 真琴つばさ

2010 星組 「BORELO]       群舞 柚希礼音

1987 花組 「ショーアップショー」  群舞 大浦みずき

2006 雪組 「タランテラ」      (群舞) 朝海ひかる

2011 花組 「Le Paradis!!」 大階段 群舞 真飛聖

2009 月組 「SAUDADE]     群舞 瀬奈じゅん(歌)

1980 雪組 「去りゆきし君がために」    汀夏子

2012 宙組 「クライマックス」    群舞 大空祐飛

2012 雪組 「SHINING RITHM」 大階段 群舞 音月桂(歌)

2005 合同 「GOLDEN STEPS」  大階段 群舞 轟悠

てな感じです。

大階段 群舞(大階段での群舞)  はサヨナラ公演

黒燕尾の種類でみると、ジュンコさんと、真飛さん、瀬奈さん、大空さんは

飾りのない最もシンプルな黒燕尾。

ジュンコさんだけは、その黒燕尾の胸に白い花を一輪さしておられます。


こうやってみると、近年(?)サヨナラ公演には、

黒燕尾の群舞場面が設けられることが多いのかな。


さて、ワタクシの本題、

汀さんの話にもどりますと・・・

汀さんのこの公演当時は、このシーンは(も、かな)ただただ涙、涙でしたが・・・

最近このシーンを見るたびに思うこと

また、改めて、こんな風に、みせていただいて、感じること

それは、「汀夏子」というスターの「男役」に対する美意識の高さ

そして、振付の喜多弘先生の「汀夏子」に対する深い理解と愛情


宝塚の歴史の中で、サヨナラ公演に、

こういう場面が過去にもあったのかどうかわからないのですが・・・

(ベルばら以前から宝塚をご覧のジュンコさんファン方にお聞きすると この時が初めてだったのでは・・・とのことでした)



最もシンプルな黒燕尾

飾りはなく、電飾がすべてついた大階段

大劇場本舞台に、ただおひとりで踊られるダンス




これだけシンプルな場面のつくりというのはちょっとないと思うし、

それでいて、これほど、「宝塚」と「男役」を感じさせる場面の創り方もないのではないでしょうか。


そして、さらに、私が、「凄い!」と思うのは

『セリ下がり』

この場面の最後に、セリ下がりを選ばれているところなのです。


この場面の最後は、

ジュンコさんが、絶ち難い宝塚への思いのこもった眼差しで客席をみつめ

心を残して、後を向き、大階段に向かって歩いていかれる

その時、張り詰めていた・・・いつもいつも力いっぱい爪の先まで「男役」だった

「汀夏子」の腕から力が抜け、肩を落とし、大階段を一段、また一段と上がってゆく。

音楽次第に小さくなって消えそうになり、数段上がったところで、

ジャン と再び音が鳴る、その音にビクっとしたように立ち止まり

クライマックスの音楽とともに、客席の方に向き直り、

階段を走り下りて、セリ下がりながらポーズ

この階段で振り向かれてから、セリさがりで見えなくなるまで

最高の拍手が続きます、

汀夏子ただひとりに向けた拍手が・・。


これが、最も美しい黒燕尾姿を最後までみせることができ、

最も大きな拍手を、最も長く贈られるひとつの形なのではないか・・・

私は、ここに、演出、振付の先生方の深い愛情を感じずにはおれないのです。


ジュンコさんのダンスは、もう、ご覧いただけばわかると思います。

文字にはできない。


映像悪くても、

何十年たっていても

魂をこめられたものは、

伝わってくるものです。



 追記

TAKARAZUKAこだわりSELECTION#4「黒燕尾」

  http://www.skystage.net/Prgm/Detail/6121.html







 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
私は、何の飾りもないシンプルな黒燕尾が男役の衣装の中で一番好きなので、ダンスシーンの中でも黒燕尾のダンスシーンは私にとって特別なのですが、
この度chacha様が書かれた
> 最も大きな拍手を、最も長く贈られるひとつの形なのではないか・・・
という部分を拝読して、
私は今までこの様な視点でこのシーンを観た事がなかったので、なるほどと思いました。
演出家と振付家の汀夏子への思いが、このラストシーンを創り出したと分析されたのですね。
ゆき
2012/10/29 15:56
ゆきさま、コメントありがとうございます。
「セリ下がり」って以外と他にないんですよね。
確か、日向さんがセリ下がりだったかな、でも、また違った感じだったと思います。
前からおもっていたのですが、
いろいろな黒燕尾のシーンをみて
セリさがりでなくて、舞台中央でポーズ・暗転の場合
その後に「ハケル」という動作があり、客席からその姿が暗闇の中に見えることになる。
階段を逆に上っていくとなると、後姿でおわることになるし、上の方までいくとお席によっては最後までお姿みれないことになる。
普通にセリ下がるよりも、大階段から戻ってのセリ下がりというのは、ホントにすごい演出だと思うんですよね。



chacha
2012/10/29 18:02
今回のchacha様のご指摘で初めて意識したのですが、「セリ下がり」は、劇場にいる観客すべてが、舞台上からお姿が見えなくなるまで拍手し続ける事が出来るんですね。
あのラストシーンは、宝塚の黄金時代を築いた汀夏子のさよなら公演に相応しい凄い演出だったのだと、今になってわかりました (^-^)
ゆき
2012/10/29 18:57
今になってわかる・・・っていうこと、結構ありますよね。当時はまだ、自分自身が未熟でわかってなかったなーって思います。今改めて色んなこと考えられるのって、今もジュンコさんが素敵でいてくださるからなんですよね。
chacha
2012/10/29 23:12
順子さんの素晴らしさは、
男役としての魅力をルックス的にもキープさせながら、
女役も魅力的に演じる女優になられたところにあると思います。
また、宝塚音楽学校旧校舎での公演では、
ご自身が一番好きで頑張ってきたというダンスで喝采を浴びる順子さんを拝見して、
結果を出す、
これが汀夏子という人なのだと、とても感動いたしました。
ゆき
2012/10/30 01:29
ゆきさまおっしゃる通り、私も女優・汀夏子も素敵だから、男役・汀夏子がより輝くのだと思います。あれだけファンが歓ぶ「男役」を魅せるのにどれほど節制されてるのかと思うと・・・
ほんっとに頭が下がります。
chacha
2012/10/30 18:18
このサヨナラ公演から、32年経った今、黒燕尾のダンスで客席をキャーキャー言わせる汀夏子さま、凄すぎますよね。ほんとに幸せだわ、汀ふぁんでよかった。
chacha
2012/10/30 18:25
見たかったわ;;
順子さんとゆひ君なんて私得な映像・・・

今度いつ放映して頂けるのかしら?
nekuneku
2012/10/31 20:34
けっこう見応えあったよ、この番組。
サヨナラの黒燕尾は流石に皆さんお顔が違います。
OGさんはスカステやTVで拝見する女優さんになられてからのお顔と、全く変わってるな〜って方も多い、っていうかほとんどの方がそう・・・(゜o゜)
chacha
2012/11/01 03:40
11月にもまだ何回か放送あるみたいよ。
追記でリンクはっとくね。
chacha
2012/11/01 03:41
ミロワールさんで、見せてもらいました。
順子さんの一人黒燕尾に泣いちゃった・・・そうしたら、祐飛さんの「月光」が続くんだもの・・・さらに泣いてしまった。
お客さんが私一人だったので、「ベルばら」の雪組版も見させてもらいましたが、フィナーレがなくて悲しかったわ;;
みました!
2012/11/11 07:33
ご覧になれたんですね、よかった!
何十年経っても、その時の気持ちが蘇って、胸がきゅーっと締め付けられるし、映像からも込められたお気持ちが伝わってくるもんねぇ。
ターコさんとのボレロもジェミニもみたいねー。
chacha
2012/11/11 11:25
>ターコさんとのボレロもジェミニもみたいねー。

見たい!観たい!!みたい!!!

めっちゃ観たいんですよぉ<どこへ向かってさけぶのか?
ともきち
2012/11/12 21:17
ああ、ほんとに、タイムマシーンがあったらいいのに〜。iPS細胞なんてものができるんだから、タイムマシーンもできるでしょ、だれか頑張って〜(笑)
chacha
2012/11/13 04:00
私が宝塚大劇場で観た順子さんのオスカルは星組公演への特出だったので、私、タイムマシーンが出来たら、宝塚大劇場での雪組『ベルばら』を 生で観た〜い!
バスティーユのダンスシーン、黒燕尾じゃないけど大好きなの〜!!
ゆき
2012/11/13 16:54
あの時代に行けたら観たいのいっぱいありますね〜、もう帰ってこれないかも(笑)
chacha
2012/11/14 00:26
ジェミニ〜!
思い出しただけでも血が騒ぐぅ〜!
↑お騒がせな奴はコイツです。ゴメンねっ。
ともきち
2012/11/14 09:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
汀夏子さま@こだわりSELECTION 『黒燕尾』スカイステージ け・さら 〜 け・さら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる