け・さら 〜 け・さら

アクセスカウンタ

zoom RSS 榛名由梨&汀夏子 二人のメモリー @ 宝塚文化創造館 (1)

<<   作成日時 : 2012/09/22 13:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

7月7日、三越劇場で観てから、
待ちに待っていたこの公演でした。

幸せすぎる二日間で、

胸がいっぱいになって

書きたいことありすぎて

頭の中もうぐちゃぐちゃになってるので

ちょっと整理するために

まずは感想いれずに(入れると最後までたどりつかないから)、
ショーの流れをざぁっーっとたどっていこうかな、と思います。
ワタクシ目線の感想はまた後で書きたいと思うのですが・・・


オープニングは、4人のIKD(イケメンダンサーズっていうらしい)の方のダンス 【 I can give you anything 】


 愛あればこそ の音楽が流れ

ジュンコさんご登場
   愛、それは 甘く  愛、それは 強く

ショーちゃんご登場
   愛、それは 尊く  愛、それは 気高く

お二人で 
   愛、愛、あぁい〜

っていう感じ。

IKD、ダンス終わって拍手
Jさんご登場拍手
Sちゃんご登場拍手
歌終わって拍手

とにかく、のっけから拍手が凄い。
特に3回目は、歌終わりの拍手と歓声が止まない。
ご登場の1曲目ですよ。
これには、お二人も驚いておられましたが、
それ程、客席熱うございました。


ご挨拶から、この日の会場・旧宝塚音楽学校に話が及び
Sちゃんが、「おうどんやさんがあって、ビスコ売ってて」なんていう思い出を話されるのに
Jさん、「知らん」「憶えてない」「あぁ、そう」  (爆)
なんて具合にお二人のやりとりがおかしくておかしくて
この公演、何度かお二人のMCを挟みながら進行していくのですが、
その間中客席は爆笑に継ぐ爆笑



そして、「ベルばら」のお話になり、そのひと場面を再現してくださるということで選ばれたのが、
アンドレがオスカルのジェローデルとの結婚の噂を聞き、身分違いのオスカルを殺してでも自分のものに・・・という、
「毒殺」の名場面です。

お衣装も、セットも、小道具も、音楽も何もない
Sちゃんが、舞台上手から舞台中央のJさんの位置までちょっと歩いて来られる
それだけなのです、それだけでお二人はアンドレとオスカル
客席にはオスカルの居間がみえ、ワイングラスが見え、バイオリンの音がきこえる
お二人のセリフの息と間と、そして眼
そしてそして、すばらしいのは「声」なのです。
Sちゃんのアンドレの声!
Jさんのオスカルの声!
絶品でした。


あわわわ・・・自分の感想入れずに書いていこうと思ってたのに。。。

お二人のトークに爆笑していた客席を
ほんのコンマ何秒かの間に、芝居の緊張感にひきこんでしまう
お二人の力量。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私は16日しか観れませんでしたが(TーT)

SちゃんとJさんのお芝居が・・・会場が大爆笑なのに、すっと役に入っていかれるお二人。

30数年前と変わらないって(;^Д^)スバラスィ!

nekuneku
2012/09/27 05:46
凄いですよね、あの集中力というか、吸引力というか。会場も爆笑から、一瞬で静まり返って、あの短いお芝居にうるうるだった。
chacha
2012/09/27 18:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
榛名由梨&汀夏子 二人のメモリー @ 宝塚文化創造館 (1) け・さら 〜 け・さら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる