け・さら 〜 け・さら

アクセスカウンタ

zoom RSS 宝塚歌劇の殿堂#2「天津乙女」@スカイステージ

<<   作成日時 : 2011/10/22 01:13   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

スカイステージで

宝塚歌劇の殿堂 という番組があります。

毎回一人のスターさんにスポットを当てて詳しく紹介する番組みたいです。

今月は 「 天津乙女 」 さま

 http://www.skystage.net/Prgm/Detail/5563.html


天才舞踊家

六代目尾上菊五郎の踊りに魅せられて、師事され、

六代目にも認められ、大変可愛がられたのだそうです。


「最後まで江戸っ子だった」と、植田先生が語っておられました。


芸風もきびきびと小気味よく、

また、小さな体で大きく踊られる方だったようです。


鏡獅子など、踊っておられる映像も少し流れていましたが

カッコイイ! 素敵でしたー!!


六代目との共通点、相違点

所作台の上で踊るのとはまた違う

洋楽、リノリウムの床で踊る「宝塚の日舞」を考え確立されたと、

演劇評論家の渡辺保さんが天津さんについて語っておられるのも

興味深かったです。




先日の逸翁コンサートの時に話されたエピソードの中に

下級生の頃、ジュンコさんが出演されていない「舞踊会」で

天津乙女さんの代役がついた時のお話されてましたね。(*^_^*) 




天津乙女さんで、私たち(初演ベルばら世代)が思い浮かべるのは

花組でやってた「朱雀門の鬼」

そして、「モンパリ誕生五十年祭」のジャン二等兵!

なにげなく見ていた番組だったのですが、

何と、

汀伍長さん(でしたっけ?)とエコ先生のジャン二等兵の場面の

映像がながれてるではありませんか!!


きゃ〜、嬉しい 


この時、ジュンコさん、緊張されたでしょうね (*^_^*)


可愛かったな・・・お二人とも、ね




オススメ番組です。




「天津乙女」 っていうバラの種類、あるんですよね。

すごいなぁ。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
「モンパリ誕生五十年祭」のあの場面、私もよく覚えています。
コメディータッチの楽しいシーンでしたね!
ゆき
2011/10/22 23:41
ゆきさま、コメントありがとうございます。
今考えたら、天津乙女さん+4強+北原千琴ちゃんという超豪華メンバーだったんですねー。楽しい楽しい場面でしたね(*^_^*)
chacha
2011/10/23 01:41
自己レスですみません。
ジュンコさんが下級生の時に天津さんの代役がついたというのは、きっと、次代の宝塚を背負って立つスターに、天津さんの「芸」をみておきなさいよという劇団の配慮だったのでしょう。
ジュンコさん、「教習所通いしてた」・・・って(*^_^*)笑わせてくださったけど
ジュンコさんのことだもの、絶対しっかりご覧になってたに違いない。
chacha
2011/10/23 11:30
ほんとに今から考えると、天津さんが出ていらしたわけだから、“あの4強”が持てる力のすべてを使ってあのコメディーに取り組まれたと思うのですが、さすがにあのシーンは、“コメディーの名作”といえる名場面であったと思います。
ゆき
2011/10/24 03:24
「朱雀門の鬼」を生舞台で観ました。
天津さんの舞台を観たのはこれが最初で最後でした。
お話の終盤、安奈淳さんとの連舞のシーンに圧倒されました。
日本舞踊の事など何も知らないし観た事も殆どなかったのにその力強さと気迫に我を忘れて引き込まれました。
今もあの鳥肌が立つ様な感動は忘れていません。
じゅん
2012/06/27 22:50
じゅんさま
生涯記憶に残る感動、何よりの財産ですね。
天津さんの素晴しさを垣間見る思いです。
素敵なコメント、ありがとうございます!
chacha
2012/06/28 02:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
宝塚歌劇の殿堂#2「天津乙女」@スカイステージ け・さら 〜 け・さら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる