け・さら 〜 け・さら

アクセスカウンタ

zoom RSS 汀夏子さま@第5回逸翁コンサート〜帰ってきたタカラジェンヌ〜(完)

<<   作成日時 : 2011/10/11 01:31   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

アンコールの熱い熱い手拍子の中

♪チャンチャーチャーチャーン  

 丘の上のジョニー

の前奏がながれ、

白のダブルのジャケットに黒のパンツ、首に黒のスカーフでのご登場に、

客席からはその日何度目かの歓声とため息交じりの「うゎー」という声。


それはまさに、

「男役、汀夏子!、ここにあり !!」のジョニーであり、

「我(ら)が青春の煌き、汀夏子」さまでありました



画像




私は、ジュンコさんが退団されてから20年
宝塚も、ジュンコさんも観にいくことはありませんでした。

ただ1度だけ、それは偶然(いえ、「汀夏子」の名前に懐かしさを感じたから観にいったのかも)だったのですが、
「アニー」のハニガン先生を観ています。

その時、(自分の人生の中でもかなり色々と忙しい時期だったということもあるのですが)

あぁ、いい女優さんになられたんだなという感慨はあったのですが

ジュンコさんに対して今のような気持になることはありませんでした。

それが、ぐーっとジュンコさんにもどって行ったのは

ジュンコさんが、変わらず「男役」が好きで、「宝塚」が好きで、

それゆえ、少し不器用(?)な生き方をしておられるとわかった時だったのではないかと思います。

今も変わらず、あの頃私が憧れたあの「汀夏子」さんのままいてくださったんだと・・・。

(私にとっての 「汀夏子」さんとは 永遠の憧れ(2) こんな存在でした)

私は、多分、ジュンコさんが、かろやかに女優さんになっておられるような方だったら、

こんなにも「ジュンコさん、大好き」という気持に戻ることはなかったと思います。

それは、宝塚時代の汀夏子という人が、

遠い遠い憧れであるがゆえに、

思春期の自分にとって、非常に精神的(メンタルというよりスピリチュアルという方に近い)存在であったから。


このブログでは、いつも私は、ジュンコさんの「今」を書きたいと思っているし、

常に挑戦しておられる「今」のジュンコさんが私は大好きで応援しているし、

今のジュンコさんから、昔のジュンコさんを透かしてみるようなことはしたくないと思っているのです・・・・が・・・。


今回のこの「帰ってきたタカラジェンヌ」で、

ジュンコさんが涙されるのを拝見した時、

改めて感じた「汀魂」


ジュンコさんを拝見するようになってから、

また宝塚大劇場にも行くようになったのですが

その時感じるある種の寂しさ。



私、思うのです。



退団されて30年経ってなお

私は、ジュンコさんが

「そこ」に「帰ってこられる」のを

待っているのではないのだろうか・・・と。




(完)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私は2日目を観たのですが、司会者もゲストもなしでの1時間40分、凄かったですね!

私は今回のコンサート、順子さんがとても楽しそうに宝塚時代の思い出を語っていらっしゃるお姿が、大変印象に残りました。
ゆき
2011/10/11 10:11
ゆきさま、コメントありがとうございます。
ほんとに、楽しそうにお話されるジュンコさんをまだまだずーっとみていたかったです。
chacha
2011/10/11 12:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
汀夏子さま@第5回逸翁コンサート〜帰ってきたタカラジェンヌ〜(完) け・さら 〜 け・さら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる