け・さら 〜 け・さら

アクセスカウンタ

zoom RSS 汀夏子 Special LIVE [ @ Mister KELLY’S (3)

<<   作成日時 : 2011/05/24 15:55   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

一旦退場され、 ほぼ間をおかずに

レーシーな黒のロングのコートっていうほど重たいい感じじゃなくて、

なんていうのかな、とにかく羽織りものです、それを上から着られて

印象が 白 → 黒 

爽やか → シック な感じにかわります



 星に願いを

歌いながらの登場です。


ここでも、今回の震災のことに触れられて


みんなががんばっているとおもうけど

神様にお願いしたり、

星にお願いしたり

見えない何か そういうものにすがるっていう

気持ちもあると思う



星にお願いするしかない

そういう気持になることもあるでしょうから・・・




と静かに語られました。


そして・・・

今回は

「星」  ということをテーマに曲を選びました






その後、

「次はぜんぜん違う「星」ですよ」

明るく雰囲気を変えられて


 星は何でも知っている (台詞入り)


歌い終わられると

この歌詞の古さにツッコミをいれ (客席爆笑)

台詞を大阪弁で言ってくださり (客席爆笑)


この歌歌われた時、必ず(?)やってくださるんですが

もう、アレ、聞かないとわからない可笑しさなので

まだ聞かれたことがない方は

JUNKO’sフランス語講座と双璧をなす演目となっておりますので

是非体験していただければと思います(爆)



「星」といえば、やはり


「星影の人」から

 星が近くに見える

ここでも曲紹介の時に歓声があがっていました。


ここで、ジュンコさんのお話に、客席が突っ込みを入れる

とても面白い光景があったのですが・・・

これも、文字で書いても面白みが伝わらないので・・・

客席との交流がとても楽しかったということだけ

お伝えしておきますね。



次は・・・


「港に浮いた青いトランク」(1965年雪組作品)から


当時、上月晃さんが神父様の役で特出され

雪組生全員がバックでコーラスに加わり

歌われたのだそうです。




10 星はわれらに




圧巻でした。





1回目に聞いた時は、

涙がボロボロ流れました。

皆さん、泣いておられました。


ジュンコさんが、今、この歌を選ばれた

「想い」が伝わって、心の奥深い所に届きました。


素晴しかった


前にもお聞きしたことがあって

その時も感動したのですが、

今回は、その何倍も深く感じたかもしれません。



君の心をいつわらないのだ

君の命を誇りにするのだ


以前聞いたときには、他の歌詞と並んで聞こえた

これらの歌詞が、今回は涙が流れるほど本当に

尊い言葉として私の心に響いてきました。


こういう曲ももっている「宝塚」の素晴しさを

ジュンコさんは、改めて教えてくださいます。


私にとっては、

ジュンコさんが歌われなければ、

知らずに終わってしまったであろう曲ですもの。



歌い終わられた後、

客席から 「ありがとうー」という声がかりました。

皆さん涙目で力いっぱい拍手しておられました。



花束


客席に感謝を述べられ

最後に、これをアンコールの曲とさせていただきます

とおっしゃって


Last  最後の恋


ファンみんなが大好き!!な1曲ですね。


最後は、会場にいる一人ひとりと

目をあわせるようにみてくださり

ありがとう、ありがとうって仰りながら

手を振りながら、退場していかれました。



あっ  と言う間に終わってしまうんですよね。


(つづく)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
汀夏子 Special LIVE [ @ Mister KELLY’S (3) け・さら 〜 け・さら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる