け・さら 〜 け・さら

アクセスカウンタ

zoom RSS 『寺田瀧雄メモリアルコンサート』 ライブ中継(西宮) (その2)

<<   作成日時 : 2010/07/29 10:21   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5


一部終了後、20分の休憩。


スクリーンには休憩時間があと何分っていう表示が出ます。

「ライブ中継」というものの感想は、大きく映るので、表情とか細かいところがよくみえるのがいいところかな。
でも、なんだか、やっぱり淡々と過ぎていく感じがありますねぇ。
空気が変わらないんですね。
いくら劇場の一番後ろでも、点にしかみえなくても、やっぱりナマがいいなーと思いましたね。
ジュンコさん、でてこられると、カッと胸の奥から全身に熱いものがこみ上げるような、
いつも味わう高揚感が、うすいんですよね〜
あ、こんな風に「カッ」なるのって、私だけ??そんなことないですよね!?
全体をゆったり楽しむにはいいんですけどね。

映画館は開演少し前から幕の下りた舞台と客席の様子も映してその場にいる雰囲気。

第二部の開幕。

最初の曲は、平松混声合唱団で、♪ 夜明けの序曲。

司会のお二人出てきて、進行。
そのまま、ツレちゃん ♪セ・シャルマン 歌いながら檀ちゃんエスコートして見送る。
続いて、ツレちゃん&カンちゃんで ♪命ある限り

後は、湖月さんから、学年順に1曲づつだったけど、
湖月さんが、♪ 風になりたい  (確か、麻路さきさんの持ち歌?)
香寿さんが ♪ もののふの詩  (麻鳥千穂さんが歌われてた曲ですよね)
真琴さんが ♪ 明日になれば  (
稔さんが  ♪ 祈ろう愛を (コレはスータンさん?)
持ち歌で無かったのは、二部ではこの4曲だったと思う、多分。

思い出しましたが、一部で
一路さんが ♪ 初めてのくちづけ (スータンさんの持ち歌ですね)を歌われましたね。

香寿さんは、巧いですねー。
麻鳥さんが、素晴らしい歌手でいらしたので、他の方では見劣りしただろうと思います。

それ以上の学年の方は、ご自分の持ち歌1曲づつ。
やっぱりダントツに巧い〜と私が思うのは、寿いーちゃん。
今、"ヴォーカリスト"なんていう言葉がありますが、いーちゃんなら納得するー!
でも、お芝居も良いから、そうはならないね。
(私は、特別、いーちゃんファンではありません、念のため(^_^))

ターコさんが一路さん相手に、♪ うたかたの恋
オトミさんが ♪ 夢人
♪夢人が今も歌い継がれるこんな名曲になるなんて・・・という草野先生のコメントが紹介されていました。

そして、ジュンコさんが、赤のスパンジャケット、黒のパンツ、髪型もワイルドな感じでご登場。キャー
あー、拍手したくてたまらないよ〜!!
♪ 炎の妖精 
事前情報で今回3曲、♪別れのフラメンコって聞いてたので、曲目変わったのか
でも、♪炎の妖精も大好きだから、嬉しい (*^_^*)
すると、なんと、続けて、♪ 別れのフラメンコ !!
うわぁん、カッコいいよぉ!!!
今から、公演始まるかと思うくらい・・・
ジュンコさん、120%本気の男役です。
ココが、「汀夏子さま」の「汀夏子さま」たる所以
我らがジュンコさんは、まぎれもなく「永遠の炎の妖精」
私は、やっぱり、まぎれもなく汀夏子ファンでございました。(*^_^*)
コレがナマなら、思いきり拍手して、ジュンコさんが舞台袖に入られるまで追っているのですが、
無常にも、映画館では画面からフェイドアウト

しょーちゃんが、♪ 瞳の中の宝石
「愛している」8連発。
柴田先生がコメントで、もともとの詞は「愛している」が4回だったのを、寺田先生が8回にして、さらに男役3人に同じ歌詞を歌わせた、みたいな(記憶曖昧でごめんなさい)ことが紹介されていたと思います。柴田先生のコメントにぐっときたのですが、正確にはかけないので、どこかのブログにUPされていることを期待しますー。
♪ さよならは夕映えの中で
私は、今回しょーちゃんの歌が全部とってもよかったと思いました。

現役でただ一人ご出演の轟悠さん
♪ 雨の凱旋門
私、この歌、大好きなんです。寺田先生の遺作になった作品と聞いています。
寺田先生の名曲を持ち歌に持つことができたスターさんは幸せだと思います。

スータンさんが、♪ 愛! を歌い上げられて

ツレちゃんが、 ♪ セ・マニフィーク
銀橋に出て、客席への階段に足をかけて歌ってる中
出演者が次々と出てきて、みんなセ・マニフィーク口ずさみながら、銀橋を通って本舞台へ。
こういう時にライブ中継ははがゆいのよね〜、観たいところがみられないんだものー。
スータンさんを真ん中に全員揃って、♪サヨナラ宝塚

カーテンコール、1回

ちょっと、面白かったのが、
最後、ツレちゃんが締めのご挨拶で寺田先生が観てくださってると思いますみたいな(既にどんなご挨拶か忘れてますが(^_^;))こと言って感動的に幕・・・のはずが、そこにスータンさんが
「寺田先生〜」って呼びかけて、「お返事は?・・・ない」っておっしゃって、
それに涙もひっこんだツレちゃんが「あったらコワイでしょ」に会場爆笑のうちに幕となりました。
もう、流石、スータンさん、おかしすぎる〜
ツレちゃんの挨拶にかぶせて、勝手におしゃべりできるのは、スータンさんだけでしょー。
なんか、ほのぼのしたー。

今回歌われたのは、寺田作品のほんの一部にすぎないのですから、
寺田先生って本当に凄い。

名作、名演の陰に、いえいえ、陰ではありませんね。
名作、名演は、名曲の存在なくしてはありえない。
また、作品は再演という形はありますがそれはまた別のもので、
その時演じられたそのものは、演じる瞬間から消えていってしまいます。
でも、曲は残る、
名曲は歌い継がれていくんですね。

あの歌も

この歌も

きっと

ずっと



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
chacha様

第二部のご報告記事、
ありがとうございます!

>こういう時にライブ中継ははがゆいのよね〜、観たいところがみられないんだものー。
この気持ちよく分かりますねー。
DVDの時にも、こういう事ありますよね。

ところで、ライブ中継会場での拍手は、
どんな感じでしたか?
ゆき
2010/07/29 15:32
拍手はねぇ、最後にちょっとあったかな…って感じでした。

chacha
2010/08/01 14:16
やはり・・・、拍手は、しずらいんですね〜。(^-^;)
ゆき
2010/08/01 17:38
TBありがとうございました。
ジュンコさんのファンつながりで、とても嬉しいです。

ライブ中継の会場にはプログラムがなかったので、曲名をはっきり覚えていない私は、ただ懐かしい〜という想いだけで、あの曲名なんだっけ??と悩んでいました。
詳細な記事を読ませていただいて、スッキリ!
ありがとうございました。

時々、訪問させていただいていいですか?
チョビの母
2010/08/14 00:25
チョビの母さま、コメントありがとうございます。
ジュンコさんのこと書いておられる記事みつけると嬉しくなっちゃいます。
是非また覗いてくださいね。
このブログの左側に
【夢炎】というブログへのリンクを貼っています。そちらへも是非〜、よろしくお願いいたします。
chacha
2010/08/14 10:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
『寺田瀧雄メモリアルコンサート』 ライブ中継(西宮) (その2) け・さら 〜 け・さら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる