け・さら 〜 け・さら

アクセスカウンタ

zoom RSS 汀夏子、求め続ける「男役芸」の極み

<<   作成日時 : 2008/03/16 03:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

 天童よしみ特別公演 紅頭巾パート2 〜 弁天小僧 〜 
   3月1日〜3月27日     於 新歌舞伎座

汀夏子さまは、旅芝居一座の座長の女房で副座長のお初さん役。

13日、中日でした。3度目、観劇。

ジュンコさん、観る毎にかっこよさが増してる気がする・・・、
いや、気がするじゃなくて、絶対増してる!!

この公演、実はものすごく貴重な公演の様な気がしてきました。
(気付くの遅すぎ?)
というのは、こういう一般の(観客に宝塚ファンを想定していない)公演で、
こんなに「男役芸」をきっちり真正面から魅せられることって珍しいのではないかと思うからです。

本当に華やかで美しく、酔うとまた艶やかなお初さんが、
芝居のお稽古の場面では女性姿のままなのに、
最初の暗転に浮かぶその立ち姿のシルエットだけでもう「男」! 
このお稽古の場面、
「男」(劇中劇での男役)と「女」(お初)を何の違和感もなく、事も無げに行き来するのが、「汀夏子の男役芸」ならでは!!
汀ファン的には必見の面白い場面です。
そして最後の場面『白波五人男』、お初扮する日本駄右衛門は圧巻!!!
傘をさしての後姿から 「男」!
振り向くと、お衣装、お化粧、鬘、そして居方、完璧な「男」!!
台詞回しや、動き、目線の配り方、その鋭く強い眼光にクラっときてしまいます。
また、一つ一つのポーズが決まる決まる。
おそらく、連写したら、どのコマも浮世絵、役者絵になるような美しさじゃないかと思うのですが・・・。
しかも、日本駄右衛門という人物の男としての太さもしっかり出てるんですよ!
あー、映像か連続写真で残して欲しいなぁ。
他の方の台詞の間に、時折ふっと視線を下に落とされる時があって、
それがまたまた色気があるの〜。
ジュンコさん、ホント素敵すぎ。

宝塚関連以外の外部の舞台で女優さん(になられたOGの方)が「男役」もしくは「男」を演じる時って、おそらく、皆さん、男役の「型」をいったんとりはらって、作り過ぎない「男」を演じるという方向性をとられるように思うんです。
ところが、ところが、今回のジュンコさん、真っ向勝負の男役!!
(【役者のお初さんが「男」を演じている】設定ですから)
これほど、きちんと型で魅せる男役芸ってなかなか(宝塚)外では観れないと思うんです。
(日本物に関して言えば最近は本家宝塚でも・・・ムニャムニャ(^_^;))
あれは歌舞伎の型ではなく、明らかに汀夏子の男役芸です

プラス、コメディエンヌなジュンコさんもみれるし・・・、
出ておられる場面はそんなに多くないと思うのですが、
汀ファン的には楽しめるポイントいっぱいの公演だと思います\(^o^)/
コレ見逃すの勿体無いと思う。

新歌舞伎座という場所で、連日たくさんのお客様が、
現在進行形の「汀夏子の男役芸」をご覧になってるんですよね、
なんだかちょっと嬉しいなぁ・・・

それにしても、これほど舞台化粧の映えるお顔って、ちょっとないですよね。
和物になると際立つような気がするなぁ。
最後の日本駄右衛門のお化粧、5分でされるんだそうですよ。
もう、びっくりぃ〜(←セメタリー、ルシール風)\(◎o◎)/!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
小春ちゃん役の天童さんに「弁天小僧」のお稽古をつけるシーンが・・・女性のお着物着てらっしゃるのに・・・男っぽくて・・・!!!

その前の暗転の中、椅子に座った順子さんがスタンバイされているお姿がまたまた、男っぽくて・・・つぼです!!


ラストの幕がひかれ、後ろ向きで「志ら浪」の字を染め抜いた番傘をさしているお姿を初めて観た時、えっ?順子さん?・・男や男や・・って思ったものでした。
振り向いたお顔をみてまたびっくり(☆0☆)

歌舞伎役者だわ・・・って。
顎にも青いメークをしてらして、男や男や。

鬘もね。
渡り台詞の「問われて名乗るもおこがましいが・・・」←超有名な台詞!!


nekuneku
2008/03/16 14:39
自分の台詞が終わったあと、他の4人の方の台詞まで左手で番傘をさしていて、右手を着物の懐に入れているポーズが・・・格好いい!ですよね・・。

もう観れないけど映像に残していただきたいな〜。
nekuneku
2008/03/16 14:54
コメ&TBありがとうございます。
いつも母がお世話になってます!
私は、「白波五人男」の後姿を見たとき、汀さんが何処にいるのか解らなかったです。後姿も見事な男役っぷりで、本当に格好良かったです!
月空
2008/03/19 14:28
>nekunekuさん
 かっこよかったねぇ!(*^_^*)
【浜松屋見世先の場】のお稽古場面、
稽古を仕切るお初さん自体がまたカッコいいんだよね。私的萌えポイント(笑)は、
『もどすよ』っていうお初さんの台詞、かっこえぇ〜(*^_^*)
あとは、玉島逸当(実は日本駄右衛門)を演じる時の立ち姿、腰掛けた時の着物の裾の割れ具合が何とも色っぽい、女姿なのに男の色気なんだよね〜。細かいところにもすごい拘りを感じる、あれは「汀夏子の職人芸」だなぁと思うね。

chacha
2008/03/21 03:10
>月空さま
コメントありがとうございます、嬉しいです!
こちらこそお世話になっていますぅ。
ホント後姿から「男」でしたねー。
マニアックな汀ふぁん的に言うと、「後姿【でも】わかる」カッコよさなんですぅ←お母さまに聞いてみて(*^_^*)
あの背中の張り詰め方、ライン、凛とした空気がね、じゅんこさんなんですよ〜(メロメロ)
chacha
2008/03/21 03:22
上本町の歌舞伎座、こないか
な、

うえ
2011/02/16 01:13
うえさま
ようこそ。コメントありがとうございます!
しばらく留守にしていてお返事遅くなり申し訳ありませんでした。
上本町になったんですよね。
公演、あるといいですねー。
chacha
2011/02/22 01:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
汀夏子、求め続ける「男役芸」の極み け・さら 〜 け・さら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる