け・さら 〜 け・さら

アクセスカウンタ

zoom RSS くれない三度笠の・・・

<<   作成日時 : 2007/08/16 00:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

新宿コマのHPにお写真UPされてましたよん!
ほとんど天童さんだけど (^_^;)
1枚だけジュンコさんも写ってらっしゃるのがありました。

http://www.koma-sta.co.jp/events/0709/gallery.html

ちらっと見えてる素足が・・・


10月9日追記

新宿コマの千秋楽のちょっと楽しいBLOG (*^_^*)
http://titin-puipui.at.webry.info/200710/article_1.html  〜 ちんぷい さま

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
鬼蔵の居間かなぁ〜?順子さん扮するおきよさんがお茶をいれるじゃないですか?
所作が流麗でねー!!ちょっと見とれちゃいました。

鬼蔵とのやりとりの中で、chachaさんの言っていた部分なのかなっていうのがありましたが、私的には必要な部分だなって思いました・・

あの時の順子さんの悲しい顔・・・(自分の子供は置いてきた[およう]のみってことなんですよね・・・わかるけど・・・。)だから・・・もしかしたら、自分でおろす行為をしたのかなって・・・思いました(女性の脚本家だったら・・・って違うかな?)
順子さんの顔を観てるとそんな事も考えてしまいました・・・(T^T)

鬼蔵にしても借金のかたにさらってきたとはいえ20年片時も離さずにいたおきよ・・・かなり愛しちゃってるなーと感じました・・・。

おきよは恨みだけなんだろうけれど・・・この場面ちょっと複雑な思いでしたね。
nekuneku
2007/09/09 21:09
>鬼蔵とのやりとりの中で、chachaさんの言っていた部分なのかなっていうのがありましたが、私的には必要な部分だなって思いました・

そう、そう!
必要なんですよ。
最終的にはあの場面、私はかなり好き・・・っていったら変だけど、ジュンコさんの巧さがわかる場面ですごく好きになりました。おきよと鬼蔵の複雑な関係を見事に表現して、最後、鬼蔵に刃を向けるに到るおきよの心情、鬼蔵の方も、愛しているからこそおきよを(なんだかんだいいながら)信じているし、愛していたからこそ、その裏切りを許せずおきよを刺すんだという最期が、あの場面があることで説得力を生むんです。
chacha
2007/09/09 23:04
(つづき)
ただ、最初はその想像をかき立てられる部分(堕胎)というリアルさが自分の中の「ジュンコさん」とか「天童さんの公演」からはかけ離れたところにあったので少しとまどいましたが・・・。さらに、ジュンコさんの凄さは、そのリアルさをオブラートに包んでおきよの哀しさとか翳りという「心情」の部分に転化してしまわれるところだと思うんですね。それが汀夏子という人の芸風だと私は感じていて、ソコが私は好きなところなんです。
この場面、もっと語りたいことがあるんですよー(^.^)
次、ご覧になられたら、また、感想きかせてくださいー!
chacha
2007/09/09 23:04
2回目・・観てまいりました。
おようの逗留先にきたおきよ。
会いたかったんだろうなぁ〜(TT)「およ・・う・・さんで?」(愛しそうに懐かしそうにみるんですよね順子さん)「お母ちゃん!」というおようの言葉に・・はっ・・と現実に戻るおきよさんの「鬼蔵のつれあいのきよでございます」には決意がみなぎっておられました。

去ろうとするおきよの背中に「おきよさん・・おきよさんには・・子供さんはいはらしませんのですか?」「おりません(きっぱり)」「ひとりも・・です・・か?」「昔(聞き取れないくらい小さい声)・・子供はひとりも・・」(天童さんの間もよかったわ)
この時のブルー地にお花模様の順子さん素敵でした。

この日の客席はここがつぼなのね・・へ〜・・という感じでした。
たとえば、鬼蔵の「なら・・これからもだまってろい!」「そんな約束とうに忘れた!」これがおばちゃん、おじちゃんのつぼかぁ・・・。
nekuneku
2007/09/17 09:12
あの場面、お金を渡す時のジュンコさんの表情、天童さんのジュンコさんへの目線のタイミングもぐっとくるものがあるんですよね。その時、20年ぶりに触れる親子の温もりと、それと言えない辛さ。

鬼蔵との場面では、
鬼蔵がおきよを攻める言葉、その辛さに耐えながら、「何がいいたいんだい」とつっぱね、さらにその後、気づかれないようにそっと涙を拭うおきよさん。あの辺りのお芝居が、本当におきよという女性のおかれた状況の複雑さを的確に表現してましたよね。そしてその後、鬼蔵の子分に、おようのことを教えておくれっていう時の有無を言わせぬ【姉さん】な部分もきっちり出されてて。
chacha
2007/09/19 00:50
三連休、コマはにぎやかでしょうね。
chacha
2007/09/23 10:37
つぼ振りシーンは本当にキリっとしていて格好いいおきよさんなのですが、清兵衛一家と対峙する所の横顔がまた素敵で惚れ惚れしてしまうのですが、私のつぼがここ!!
おきよさんの向こう隣に座ってらっしゃる鬼蔵一家の代貸しの浅吉さん(時代さん)のお顔がおおきくて・・・オペラで順子さんを覗くと絶対目にはいってくるんだもの・・まじまじみつめてしまいますわ(^^;)

nekuneku
2007/09/24 09:17
コマの楽の日の様子を書かれているBLOGがあったので、リンクさせていただきました。
最後のご挨拶の時の様子が・・・・とってもホノボノ(^^)
天童さんにうけてるジュンコさん、みたかったなー。
chacha
2007/10/09 02:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
くれない三度笠の・・・ け・さら 〜 け・さら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる