け・さら 〜 け・さら

アクセスカウンタ

zoom RSS 「新選組血風録」と「星影の人」

<<   作成日時 : 2007/08/28 00:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

先日まで、時代劇チャンネルで【新選組血風録】の再放送をやっていました。

半年ほど前?に放送していた時に少し見て、再放送があったら全部みたい〜!と思ったのに今回もまた、とばしとばししかみれなかったのが残念でしたが・・・
それでも、私、コレは本当に名作だなぁと思います、「燃えよ剣」よりこっちの方が好きかも。
小説としては、私は「燃えよ剣」の方がずっと好きだった記憶があるんですが・・・。
1話1話、スポットの当たる人物が違っていて、とても丁寧に一人ひとりの人物像や人生が描かれているんですよね。1話1話が「完」なんですよね。
総司の亡くなる回と最終回は、めちゃくちゃ好きで号泣でした。
総司の回は、病床の総司に斎藤さんや土方さんが別れを告げにくるんです。
斎藤さんと別れる時は、二人は大声で笑いあうんです。
土方さんとの別れは・・・
土方さんが「今度生まれてくる時はお前のような人間に生まれたいと思っている」って言うと、
総司は「それは困るなぁ、私はまた土方さんみたいな人に逢いたいと思っているから」って応えるんです。
それぞれに自分の最期も相手の最期も覚悟していて、そして笑顔で別れてゆくのが・・・(T_T)
このドラマ、余分なナレーションが入らず、最後に短いト書きのような解説が記されるのがまた余韻を残して素晴らしいんですよね。

 もしかしたら、柴田先生、少しはこの作品に影響うけられたのかなぁ・・・なんて感想を持ちました。勿論、テレビドラマだし、それなりにリアルに描かれているのですが、やはりどこか叙情的であり、浪漫的な薫りがあるんですよね。
最終回、土方さんが、死んだ近藤さんと楽しそうに話をする場面があるんです。
煌く星空に近藤さんが登場する、しかも幻想的にドライアイスの演出まで・・・こ、これは「星影の人」じゃないですか!?\(◎o◎)/!ちなみにこの作品、1965年製作のようです。
そして、私が、OHと思ったのは、総司の台詞に
「いやだなぁ」っていうのがあるんですね〜(^.^)
ちょっとした共通点でしょ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
「新撰組血風録」ってまだ読んでないことを思い出しました^^; もちろん映画?ドラマ?もまだ。
「新撰組始末記」のほうは、子母澤寛が新撰組が最初の屯所に使っていたお宅の次男坊から直接話を聞いたということでしたので、読みましたが。
そういえばその屯所って今は和菓子屋さんで、数年前まで非公開だったんですけど、近年公開されたんですよね。私も何回かそこの和菓子を買ってしまいました。
Ypsiron
2007/08/28 16:47
「血風録」、また放送されたら是非みてみてください〜!
「始末記」もドラマか映画、ありましたよね?
もう、ながーーーいこと小説や本関係ご無沙汰なんで、忘れてしまってますが(^_^;)
京都にも随分行ってないなぁ・・・。
chacha
2007/08/28 23:03
今、TBSテレビで「輪違屋糸里」という浅田次郎さんのテレビ化をみました。
後輩の女子が昨日見てよかった!!と言っていたので・・・。
土方さんが・・私のイメージと違いすぎて・・コメント出来ません。
私には栗塚旭さんが土方さんなので・・。

11月に京都御所と正倉院展に行きます!!
ツアーなので壬生寺には行けそうにないですわ
(><)
nekuneku
2007/09/10 23:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
「新選組血風録」と「星影の人」 け・さら 〜 け・さら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる