け・さら 〜 け・さら

アクセスカウンタ

zoom RSS くれない三度笠 − (4) 〜 ワタクシ的視点  

<<   作成日時 : 2007/06/29 00:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

天童よしみ公演「くれない三度笠」」について

新歌舞伎座公演、終わってしまいました。
今回の公演は天童さんのお母さんの役・・・と言っても、話の内容から察するに、天童さんが26,7の設定でジュンコさんの役は40代半ば〜後半って感じでしょうか(^_^;)
(まぁ、年齢不詳のお二人ですので・・・あまり気にしないでおこう。。。。)
渡世人の親分鬼蔵の女房で女壺振りでもあります。
話の内容はいたって単純です。
ですが、この鬼蔵(山口)とおきよ(汀)の関係が単純じゃない。
そこのところをジュンコさん、実にうまく演じておられると思います。
この二人の関係に関して、それほど多くを語る台詞があるわけではないんです。しかも、どちらかというと鬼蔵が一方的に語って、おきよは聞いてる感じですが、その表情が観る方の想像力をかきたてます。
話は、およう(天童)とおきよの親子の話が中心になるわけですから、鬼蔵とおきよの話はちょっとしたサイドストーリーにすぎないのですが、これがあるからこそ、ラストシーンに説得力が生まれています。
おきよという人は実に魅力的な女性で、
「鬼子母神のおきよ」という女壺振りとしての強さ、かっこよさ、
そして鬼蔵に手放したくないと思わせるだけの女としての魅力、美しさと色気を持っていなければならない、
さらに、物語の中心にくる母親としての情を何より感じさせなくてはなりません。
これら一見アンビバレントな要素を一人の人物に矛盾なく載せるって、かなり難しいことだと思うのですが・・・
ソレがピタっとはまるのが「汀夏子」という役者の面白いところです。
またこれらのどの要素が突出しても、この話は成立しなくなってしまう。
例えば、女の魅力が勝ちすぎると、親子の情愛の部分が薄れてしまう。かっこよさや強さが強調されすぎると、おきよと鬼蔵の関係がくずれてしまう。母親としてのやさしさだけの女性だったらイカサマ博徒としてのおきよはないわけですから・・・。そこを、絶妙のバランスでおきよという女性を演じている、汀夏子の巧さだと思います。
また、私が今回特に魅かれたのは、前にも書きましたが「色気」の部分です。
普通、一般的に「色気」っていうのは、どこかくずした(くずれた)部分があるからこそ感じるものだと思うのですが、この「おきよ」という人から感じる色気は、その「乱れなさ」ゆえに、そこを乱してみたいと思わせるような色気・・・かもしれません、ちょっと過激な表現でごめんなさい。鬼蔵がおきよを手放せない気持ちがわかるなぁ・・・なんて。
 おきよとおようの親子の絆を縦糸に、鬼蔵とおきよの関係を横糸に・・・と観ていくと、おきよという人の女性としての哀しさもみえてきて、なかなか味わいのある芝居になっています。
ともあれ、本筋の芝居では、「泣かせどころ」はきっちり泣かせ、はったりのきいた啖呵をきるところは観客をシビレさせる
宝塚を退団されて27年経つわけですが、
今、こんなにもきれいで格好よくて艶も翳りもあり、人としての温かみも母性も感じる女性を演じられるジュンコさんを観ることができるってことは、一ファンとして嬉しい限りです。
また、新歌舞伎座は沢山の方にこのジュンコさんをみていただけるのも嬉しいところ。(1ヶ月40公演くらいでしょうか、一公演1000人1500、実際はもっと多いですが・・・としても延べ4万人6万人の方がご覧になるのですから・・・)。
そして、この「おきよ」に夢中になっているあいだに
いつのまにやら、7月のアプレが近づいてきているのです。
次は「男役・汀夏子」が観られる!
なんと幸せなことでしょう 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おきよがおようの逗留宿に出向くシーン。
去りかけた後ろ姿のおきよに、おようが「お子さんは・・・子供さんはいはらしませんのですか?」問うのですが、ここでの順子さんの(名乗りをあげたい・・・いや名乗ってはいけない・・)お顔も辛そうで涙を誘います。
nekuneku
2007/09/16 05:49
「何のことやら」っていうところですよね。
あそこもぐっときますよね。
chacha
2007/09/16 22:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
くれない三度笠 − (4) 〜 ワタクシ的視点   け・さら 〜 け・さら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる