け・さら 〜 け・さら

アクセスカウンタ

zoom RSS 丹前振り

<<   作成日時 : 2007/04/11 23:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

西川流雛菊会」について

「水仙丹前」で検索すると、
「若衆風俗を描き、紅葉づくし、恋づくしが入っていて、毛槍を使い、丹前振りを見せる丹前物の1つ」とあります。
「丹前振り」コチラのページで見ることができます。
出典:IPA「教育用画像素材集サイト」 http://www2.edu.ipa.go.jp/gz/

ふと思ったのですが、「狸」の時、プロローグで若衆姿のジュンコさん、他の方と歩き方が明らかに違ってたんですが・・・。その歩き方がすごく粋でかっこよかったので鮮明に覚えてるんですが、もしかすると「丹前振り」を少し意識して取り入れておられたのかなー??
「朝霧・・・」の時にも、ああいう歩き方されてたのでしょうかね。
あ〜、「朝霧・・・」のビデオみて確認したいー!!

ああいう歩き方一つとっても、やっぱり「男役」って「芸」」なんですよね。そして、ジュンコさんは、その芸としての男役をホントに愛しておられるんですよねー。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
『朝霧』『オールマン・リバー』は、10回ほど観ました。
けど、ビデオなんぞないので、宝塚本の舞台写真とレコードをもとに、
脳内再生するのみ、でございます(泣)。
あの時の銀橋を渡るジュンコさんの歩き方は、他の人にはできない「芸」だった、
と思いますよ。
うまく文字にして表現できなくて、もどかしいんですけど、
日本舞踊の踊りの振り付けではなく、
足の運びに、ジュンコさん独特の“溜め”があって、
なんともいわれへん、心が高鳴るような気分でございました。
ともきち
2007/04/12 08:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
丹前振り け・さら 〜 け・さら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる