け・さら 〜 け・さら

アクセスカウンタ

zoom RSS ベルばら・雑感

<<   作成日時 : 2006/01/20 02:22   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

今、自分の頭の中がかなりベルばらモードなので、ベルばらについて思うことを好き勝手に書いてみたいと思います。
池田理代子さんの劇画は大好きで、中学生の頃毎日のように読んでいた時期がありました。
何回読んだかわからないくらい、6、7、8巻あたりは読みすぎて本のページがバラバラになってたのを思い出します。何回読んでも、アンドレが死ぬところ、オスカルが死ぬところはボロボロ泣いてたな〜。確か20代(多分)独身の頃に、ぶあつーい本が出た時に久しぶりに読み返し、2、3年前に5巻セットの文庫本サイズのを本屋でみつけてまたまた久しぶりに読みました。やっぱり泣いたけど、何度も読み返す気力は残念ながらありませんでした。年取ったせいかなぁ。
子どもの頃は、解らなかったけど大人になって読み返してわかることもたくさんあるんですよね。
オスカルはフランス革命に殉じた孤高の魂を持った人なんだけど、同時に男社会で苦悩、葛藤しながら生きてゆく女性の姿でもあるんですよね。それは、ベルばらが書かれた1970年代に、やはり男性社会で認められずに孤軍奮闘している働く女性たちの姿でもあったのだろう・・・と今になってみればわかります。
そして、宝塚の「ベルばら」に関しても、当時とはまた違う視点と感性で再び出会って、そして私はやっぱり汀オスカルに非常に感動してしまったのでした。
汀オスカルのどこにそれほど感動したのか・・・長くなりそうなのでまた明日にしよう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベルばら・雑感 け・さら 〜 け・さら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる