け・さら 〜 け・さら

アクセスカウンタ

zoom RSS ベルばら

<<   作成日時 : 2006/01/13 02:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

VISAの貸切があたったので9日に「ベルばら」を観て来ました。
フェルゼンとマリーアントワネット編なので、オスカルとアンドレに関してはあまり深いところまでえがかれていなくて、今宵一夜とバスティーユの見せ場の場面だけは確保したな・・・という感じでした。
オスカルも特別出演ということで、一人の方が演じる期間が短いのでオスカルを深めることもできず役者さんたちにはちょっと気の毒だなという印象を持ちました。
フェルゼンとアントワネットの方は、流石に全国ツアー公演を経ての大劇場公演ということもあってか、しっかりその人物が息づいていたように思います。一幕終盤、フェルゼンがフランスで様々な愛の形を知ったというところあたりは、セリフ自体は特筆するようなものはないけれど、湖月さんが温かさと包容力をみせてグッときました。
まぁ、オスカルファンのワタクシとしては、オスカルに関しては辛口になってしまうのは仕方ないとお許しくださいませ。やはり、このフェルゼン・アントワネット編のオスカルは非常に難しい役だと思います。脚本自体のオスカルの描かれ方が薄いので、オスカルの何を表現するのかが曖昧になってしまう。原作を知っていても、この芝居の中でオスカルやアンドレに対する気持ちを高めるまでになかなか至らないですね。でも芝居を離れれば、今の人は足が長くてスタイルよくてホントに劇画から抜け出たようです。
娘たちと観にいったのですが、彼女たちが面白がっていたのは、貴婦人方の
♪ざ〜ます、ざ〜ます、たいへんざーます というコミカルな場面。
でも、それって、この前の「狸」
♪え〜らいこっちゃ、えーらいこっちゃ、たーいへんだ〜っていうのと同じ感覚じゃない?・・・と思ってしまったのですが。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
☆組さんの地方公演は観たのですが、本公演は今宵一夜やバスティーユの場面があるとか・・
ジェロの回想という感じらしいですね?(ジェンヌさんの事も分からず観ようとしている私)
それってどうでしたか?・・・今宵一夜なんて妄想ですよね??・・・
ベルばら30を観て、ベルばらや順子さん熱が再燃した私ですが、宝塚はどうなのって感じです。
nekuneku
2006/01/24 06:04
あのね、私的にはまず脚本が良くない。まだご覧になってないのにあまり否定的な意見を聞いてしまうのも良くないと思うので・・・もしまずかったらここから先は読まないでね(笑)まずプロローグからして、なぜかオスカルがフェルゼンに寄りかかるような所があって、私的には許せない演出ですよ。オスカルに関しては場面の寄せ集め的な描かれ方で感情の機微どころか流れもなにもあったもんじゃないです。同じセリフがあっても、そのセリフの背景となる感情のプロセスがないから伝わってくるものは少ないです。植田センセ、2部にもオスカルを登場させたくて回想という形にしたって言ってたけど、はっきり言って印象的に一部で散る方がよほど心に残るのに...
chacha
2006/01/25 15:39
原作者の池田先生が、バスティーユとフェルゼンが馬車に乗ってフランスへ向かう場面だけは入れて欲しいとおっしゃていらしたとか・・・
地方公演を札幌でご覧になった先生が、「バスティーユの場面を韓国公演で入れて欲しい」と
植田先生に直訴されたようですよ・・・
池田先生はアニメや舞台にあまり口出ししない主義らしいと思っていましたが・・・
nekuneku
2006/01/29 10:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベルばら け・さら 〜 け・さら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる